aga 側頭部

agaは側頭部の髪は薄くならない

agaは前頭部や頭頂部の髪が薄くなるという特徴があり、薄毛が進行しても側頭部や後頭部の髪の毛はふさふさしています。
これは前頭部や頭頂部の毛根が男性ホルモンの影響を受けやすいのに対して、側頭部や後頭部の毛根は影響を受けにくいからです。男性ホルモンは毛根の中にある酵素と結びつくとジヒドロテストステロンという物質に変化して、髪の成長を乱し成長途中の髪の成長を止め抜けさせます。その為男性ホルモンの分泌が多いagaの人は前頭部や後頭部の髪の毛が抜けて薄くなってしまうのです。髪の寿命は2年?6年程度ですが、男性ホルモンの影響を受けると半年?1年程度で抜けていくようになるため頭皮には短く細い産毛しか残らないようになります。

 

男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変化するのを止める薬がプロペシアで、飲み続けることで抜け毛を減らし髪を元の状態に戻すことができるようになります。プロペシアは薄毛外来などがあるクリニックで処方を受けることができる他、価格の安いジェネリック品も認可されたのでクリニックで処方を受けられるようになりました。

 

またagaの治療には側頭部の毛根を髪の薄い部分に移植する自毛植毛もあります。自分の体の組織なので移植しても拒否反応を起こすことがなく、薄毛が進行して薬では充分な効果が得られない場合でも髪の毛を増やすことができます。また髪の色や太さなども他の部分と変わりなく、とても自然で植毛を行ったことは誰にもわかりません。髪の毛を切ったり洗ったりするのも特別なことをする必要はなく、今まで通りの手入れで良いのでとても楽です。また移植された髪の毛はその後は加齢によって少なくなることはありますが、良い状態を長く保てます。