ミノキシジル AGA大阪

ミノキシジルについて

「ミノキシジルについて」。改めてそんなタイトルを掲げると、大げさに聞こえるかもしれませんが、これは1960年代にアメリカの製薬会社が血管拡張剤(降圧剤)として開発した経口薬です。後に、髪を育て、脱毛を回復させる効果が認められ、1980年代に発毛剤に転用されたという歴史を持っています。そして、内服薬としては副作用が発見されたため、外用薬となりました。発毛のメカニズムについては、毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化とされていますが、詳細は現在のところ不明です。日本では、1999年に某大手製薬会社が一般医薬品(大衆薬)として開発・発売を開始しました。これは生活改善薬として大ヒットとなります。2005年には女性用が、2009年にはより主成分の濃度が濃いものが発売されました。ミノキシジルについて述べる時、忘れてはならないのが副作用についてです。主なものとしては、頭皮のかゆみや低血圧があります。その他、少数ではありますが、頭痛・性的不能・不整脈・動悸・皮膚の紅潮・かすみ目・手足や顔のしびれや痛み・胸の痛み・体重増加・むくみなどが報告されています。