aga 薬代

aga治療にかかる薬代

薄毛に悩んでいる多くの男性がいます。その多くの原因がagaであるとされています。この症状は、男性ホルモンや遺伝、栄養バランス、生活習慣、ストレスなどさまざまな要因が積み重なって引き起こされる薄毛の症状なのです。薄毛で悩んでいるのであれば育毛剤でなんとかなるだろうと考えてしまいますが、育毛剤をためしたりシャンプーを高いのものにかえたとしても、育毛剤は頭皮に保湿効果をあたえたり血行を促進、栄養補給させるものですから、原因が遺伝や男性ホルモンであったらそれに勝つことは育毛剤では難しいのです。そのため、頭髪専門に治療をしてくれる医療機関で診察してもらうことが薄毛改善への近道です。

 

頭髪専門治療のクリニックでは、基本的に薬を処方して治療をしていきます。メスを入れて手術をすることなく、内科的に治療になります。処方される薬は、プロペシアとミノキシジルの2種類です。その他に、クリニックによっては外用薬やサプリも処方される場合もあります。気になるのは薬代がどの程度かかるかです。まずフィナステリドは男性ホルモンのはたらきを抑制して薄毛の進行を抑える薬です。遺伝により男性ホルモンの影響を受けやすいかどうかを、プロペシアを処方する前に遺伝子検査が行われますのでの費用が1万円程度かかります。これは初回のみです。その結果で治療方針を決めていきます。フィナステリドは8000円程度が相場です。ミノキシジルは発毛に効果のある薬です。プロペシアと同等の費用がかかるのですが、頭髪専門医院では薬代を含めて診察代もかかりますので2万5000円から3万円前後が相場といったところです。その他にもシャンプーなども購入するとさらにかかります。