aga 基準

agaの診断基準について

薄毛が気になるという人が多くなっています。このようなときには前頭部や頭頂部を鏡で毎日見て確認してしまいます。毎日確認をしても急激に薄毛が進行すると言うことはありません。しかし普通の人とagaの人の診断基準はどこにあるのかということが気になります。その診断基準は次のようになっています。髪の生え際とされる角額部分から頭の一番高くなった頭頂線の距離が2センチメートルよりも短くなると診断されるようになっています。したがって気になる人は一度この距離を測ってみるようにします。ここで2センチメートルよりも高くなっていると言うことであればagaの可能性が高くなります。

 

どのようにしてこれが決められたのかというと、50年以上前に研究者が3センチメートルという基準を示したのですが、その後で植毛外科医が変更したという背景があります。日本人は欧米人とは異なり、前頭部ではなく頭頂部分から薄くなってくる人が多くなっています。この男性型脱毛症と呼ばれる物は、20代から発症する可能性があります。したがって早い人では20歳の頃から髪の毛が少しずつ細く短くなっていきます。しかし一番発症する年齢が40代となっています。40代から年齢を重ねていくと、発症率は右肩上がりになっていきます。平均してみてみると、日本人男性の中で約30パーセントがagaを発症していると言うことになります。欧米人は約50パーセントの人が発症するようになっています。これは進行性の病気となっているので、放っておくと少しずつ進行していくので早めに治療を開始することが大切です。最近では一般の病院以外に専門のクリニックも多くなっているので、ここでカウンセリングを受けるようにします。