aga 喫煙

agaと喫煙の関わり

喫煙が身体に悪いのは知られていますが、男性型脱毛症であるagaとの関わりも指摘されています。
タバコに含まれるニコチンは、血流を阻害し頭皮へ送る酸素や栄養が行き渡らなくなります。
タバコに火をつけると発生する一酸化炭素は、赤血球のヘモグロビンと結びつき血中の酸素を運べなくな
り、酸素不足の状態になります。
毛髪には栄養素が必要で、血液を通じて毛母細胞に送られるようになっています。

 

しかし、血流が悪くなると酸素や栄養素が毛母細胞まで届かなくなるのです。
そしてニコチンは高血圧になったり血管を収縮させ、悪玉コレステロールを増加させたりします。
最近の研究で、喫煙とDHT(ジヒドロテストステロン)の関係が注目を集めています。
DHTは強力な脱毛作用のある男性ホルモンで、皮脂腺を刺激し過剰に皮脂を分泌する働きがあります。
男性ホルモンが増加するとagaの原因になることがわかってきていますが、喫煙はその男性ホルモンを
増加させるのです。

 

抜け毛や薄毛で悩む方は、一度タバコをやめてみると脱毛治療の効果が高まると思います。
タバコは中毒性が強く1本火をつけたかと思うと、もう次の1本に火をつけるヘビースモーカーも少なく
ないです。
生活習慣病の原因にもなり、禁煙するのが健康のためになります。
近年男性ホルモンを抑制するフィナステリドが、薄毛抜け毛対策として使用されています。

 

しかし、効果には個人差があり万人に効果があるわけではないです。
また副作用もあるので、入手には医者の処方箋が必要です。
禁煙の手順としては、いきなり止めるのが難しいときは、まずニコチンの少ないタバコに少しづつ変えて
いきます。
そして、禁煙フィルターなどを使って禁煙に持っていきます。専門医療の禁煙外来などを使う方法もあり
ます。