aga 金額

agaの治療にかかる金額について

agaをご存知でしょうか。これは男性型脱毛症のことを指します。つまり男性にみられる髪が薄くなる状態のことを言います。ある調査によれば現在全国で約1200万人以上の人がこの症状ではないかと言われています。これは成人男性の3人に1人の割合に相当します。このうち何らかのケアを行っている人は、約半数の600万人程度と言われています。また男性型脱毛症は進行性であるために、何も対処せずに放置すると薄毛が広がっていくという特徴もあります。そのため薄毛が気になり始めたら早めの対処が必要ともいわれているのです。男性型脱毛症の原因としては、男性ホルモンやホルモンバランスやストレスや遺伝や生活習慣などが挙げられています。さてagaの治療はどのようにして行われるのでしょうか。大きく分けると二つあります。一つは内服薬や外用剤を使った治療を行います。現在は治療用の内服薬も製薬会社から販売されています。

 

もう一つは成長因子や育毛剤を注射投与することで、体内に直接注入する治療となります。このような治療法がありますが、メインとなるのは病院へ行って診察を受けて薬の服用がメインとなります。そしてこれらの治療は保険の適用外という特徴があります。つまり治療にかかる金額は自己負担となってしまいます。agaで用いられる内服薬は1条当たりの値段が高価であることが知られています。そのため1か月分の薬の金額も、10000円程度することもあります。最近になってこの内服薬にジェネリック医薬品が登場しました。ジェネリック医薬品とは成分は同じで値段が安い薬のことを言います。先発の薬の特許が切れることで製造することが可能となりますが、開発にコストがかからないため安価で提供することが可能となっています。経済的な負担から治療にジェネリック医薬品を使用する人も多いようです。