aga 眼精疲労

眼精疲労とagaの意外な関係性

眼精疲労とaga(男性型脱毛症)との間には、実は密接な関係性があることはあまり知られていません。仕事をしている現代人にとって、職場でのパソコン作業は今や必須です。例えば簡単なところで言えば、メールの送受信、細かい見積り書の作成、資料の閲覧などが挙げられます。その中でも、特にデザイナーやプログラマー、IT関連企業に勤務している人はより長い時間、パソコン画面を見ています。また、最近ではパソコンだけでなくスマートフォンも普及し、多くの人々が液晶画面を見る機会、時間が長くなっています。同じ姿勢で同じ場所を長時間見続けることは、目に大きなダメージを与えます。これによって目がしばしばしたり、こめかみが痛くなったり、首や肩がこったりという症状が現れるのです。首や肩がこるという症状は、すなわち頭(頭皮)全体のこりでもあります。これらは全てストレスとなり、抜け毛や薄毛の原因となるのです。

 

そもそも眼精疲労とは、休息を取っても回復しない目の疲れや痛みなどの症状を引き起こす病気のことです。実際、パソコンを使っている人の約90%が目の疲れを訴えているというデータがあります。こりという症状は、血行不良(血液の流れの悪さ)に結びつきます。このように、血行不良の状態になると、酸素や栄養素を血液が頭皮に充分に運べない状態となるのです。つまり、眼精疲労という病気は、aga(男性型脱毛症)の原因である男性ホルモンと直接的な関係性はないものの、aga(男性型脱毛症)を加速させてしまうのです。また、人間の体にはアミノ酸の一種であるシステインという物質(酵素を活性化することでデトックス効果があります。)があるのですが、これはより生命に関わる部位、ここでは目(網膜)の回復を体が優先的に考え、毛髪に関しては後回しにしてしまうというシステムが働くため、薄毛や抜け毛が進行してしまうのです。